たるみ治療で目の下ふっくら|肌の調子をアゲる治療法

年々進化する施術

スキンケア

切開を伴わない方法も

見た目年齢を上げるの原因ともなる目の下のたるみを取り除く治療では、従来はまぶたのすぐ下を切開する方法が主流でしたが、最近では切らない治療も増えています。切らなければ身体への負担が少ないので、ダウンタイムも短くなります。脱脂術は比較的前から行われている治療法ですが、最近のものはまぶたの裏側の粘膜から行うことで傷口が見えないようになっています。ダウンタイムも短く、切らない脱脂術として人気のある方法です。他にもヒアルロン酸の注入やレーザー治療、サーマクール等、数多くの治療法があります。目の下のたるみといっても加齢による筋力の衰えで目の下が凸凹してしまったのか、くぼんでいるのか、潤い成分が失われた結果なのかで行うべき治療法が異なります。

施術方式ごとのメリット

切らない脱脂術の最大のメリットは、傷跡が目立たずダウンタイムが短いことです。加齢により筋力が衰えて目の下にたるみが現れた場合に効果的であり、クマにも効きます。余分な脂肪を取り除けばすぐに見た目が変わりますので、即効性が期待できます。ヒアルロン酸は元々体内に存在する成分ですので安全性が高く、くぼみに注入することでふっくらとした目元を実現できます。レーザー治療では、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促してたるみを改善させることができます。ターンオーバーのサイクルも正常になりますので、美肌対策全般に効果があります。ひき上げ効果が高いのはサーマクールです。高周波RFを照射することで、深部の皮下組織に熱を与えて引き締めます。